リアルタイムティックチャート

FX(外国為替証拠金取引)のような投資というのは、初心者でも問題無く始めることが出来ます。
そのためにある程度の知識はしっかりと覚えておきましょう。

 

FXのツールでリアルタイムティックチャートとしてFXの鍵を握るローソク足チャートを表示することが可能となります。
これは分足や60分足、そして日足を選択し、その通りに設定することが可能となります。
FX取引をすることで、重要なFXツールは様々な機能が搭載されています。
そしてどのようなツールを選ぶによりまして、その後の取引に大きく影響することとなるでしょう。

 

FXのツールで確実に搭載されている機能というのは、リアルタイムで確認することが出来る為替レートの表示機能があります。
このツールは自分が取引をしている通貨の情報を知ることが出来たり、また通貨をペアにした時の状況をも理解することが出来るのです。 FXで最大限利益を出す一番のコツとしましては、やはりネットやテレビなどで世界の動きに注目をするということです。
ちょっとした動きだけでも通貨の価値というのは大きく変わってくるものですので、情報収集は欠かすことが出来ないのです。



リアルタイムティックチャートブログ:19年02月22日

Goodevening♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した娘たちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

板チョコやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や大福までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りや体操会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

娘たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ネパールではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
娘たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜

ホーム サイトマップ